2016年03月02日

UnityからAndroid出力 後編

最初のインストール時に Android出力 をインストールしてない為、追加でインストールします。
以下で必要なバージョンのunityインストーラーをダウンロードしてください。
https://unity3d.com/jp/get-unity/download/archive
unityインストーラーを起動します。
android040.jpg

android042.jpg

android043.jpg

不要なものはチェックを外して
必要な Android Build Support だけチェックして進めてください。
android044.jpg

インストールファイルを残しておきたい場合はダウンロード先を変更。
android045.jpg

インストールはこれで終了です。
Android端末の設定でUSBデバックをONにして
ください。
(自作ファイルを転送するにはこれが必要になります)
パソコンに繋げてください。

続いて設定
android046.jpg

android047.jpg

簡単にCubeを表示するだけのシーンを吐き出してみますので
Hierarchy>Create>3D Object>Cube でCubeを作成します。
android048.jpg

File>Save Scene で保存してくだだい。
ファイル名は何でもいいです(ここではmainとしています)
File>Save Project もしててください(念のため)
android049.jpg

Edit>Preferences... を選んでAndroidの設定をします。
SDK C:/Users/ユーザー名/AppData/Local/Android/sdk
JDK C:/Program Files/Java/jdk1.7.0_79
android050.jpg

ビルドの設定をします
1.File>Build Settings.. を選びます
2.Scenes In Build に追加します。
3.Androidを選択して
4.Switch Platform でプラットフォームを変更します。
5.Player Settings.. でプレーヤーの設定を呼び出します
6.Minimum API Level は自分の使ってるAndroidに合わせておくと良いです
7.Com.Company.名前...ここは必ず変更してください
8.転送するファイル名...アプリの名前になります
9.Build And Run でファイルがビルドされてAndroid端末へ送信され起動します。
2回目の転送で7.8.が前回と同じだと上書きになるので名前は毎回変更すると良いです。
android053.jpg

Android5.0を必要とされますが、最初だけなので2回目以降は出ないです。
android052.jpg

ビルドされたファイルは ファイル名.apk として保存もされています。
出力したファイルをコマンドプロンプトで転送する事も可能です。
posted by DiGiMonkey at 01:39 | Unity | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

iOS出力

基本的な方法は
開発してiOS用に出力(ビルド)→MACのXcodeで出力(ビルド)→iTuneからiPhoneへ送る
といった流れになります。

最近ではXcode7から無料でも鍵の取得や関連づけが行えるようになってるようなので
Xcode7以降が動くMACを持ってる方はMACを使う事をおススメします。
このような通常の出力手順は他のサイトが沢山説明してくれてるので
是非そちらを参考にしてください。

ここではWindowsのみで行う方法について説明してみます。
但し、有料ソフトを使い、iPhoneを脱獄しますので
かなりグレーなのかも(違法なのかも?)しれません。
それでも良ければ、以下自己責任でお願いします。

先ずiPhoneを脱獄。
方法は色々とネットにありますので検索してきてください...。
CydiaでAppSyncをインストールすれば
iTunesからipaファイルを認証されてなくてもインストール可能になります。

次に、必要なXcodeを吸い出してWindowsへ移す為に、1度だけMACを使います。
自分はかなり古いMACなので、最新のXcodeをインストール出来ず
以下のサイトから少し古いXcode7.3をダウンロードして解凍しました。
https://developer.apple.com/downloads/
iOS001.jpg
(ソフトは使えないけどHDDに解凍したファイルがあれば良いようです)
MACの無い方はここだけどなたかに頼んで用意してください。

次に、有料になりますが以下のソフトを使用します。
iOS Build Environment(US$45=5100円くらい)
http://www.pmbaty.com/iosbuildenv/
iOS002.jpg
ちゃんと動作確認が出来る迄は体験版で試してみると良いです。

こちらをインストールすると、以下のフォルダ
C:\Users\ユーザー名\iOS Build Environment\MigrationAssistant
に2つのファイルが出来てるのでUSBメモリーにコピーします。

USBメモリーをXcodeの入ったMACに刺して
Migration assistant (step 1, Mac).command
を実行すると、USBメモリーの中にSDK.zipが出来れば大丈夫です。

USBメモリーをWindowsに刺して
Migration assistant (step 2, PC).cmd
を実行すると自動で展開してくれます。

unity-builderを起動してBuild
iOS003.jpg
出来たipaをiTuneでiPhoneに送れば終了です。

あくまでも自分のアプリ確認用に使うだけなので
正規にアプリを申請する場合は
ちゃんとMAC買って行いましょうね。

posted by DiGiMonkey at 22:26 | Unity | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。